メインページ | アルファベット順一覧 | 構成 | ファイル一覧 | 構成メンバ | ファイルメンバ | 関連ページ

dkutil_c

0.210

TODO:

未知のバグをつぶす。(これはすべてのライブラリプログラマーの願い)

Version 0.210


Version 0.200はリリースし忘れたのでリリースします^^

Version 0.200


dkcTelecomConfirmFile.c dkcTelecomConfirmPacket.cの実装
md5.cをデフォルトで使用しないように設定
各ライブラリのインターフェイスの統一(Message Digest系しか統一できないない。)
DKC_MD5_ADAPTERの実装を削除
RedBlack treeとAVL treeをどうにかする。
一部の穴のありそうな機能を厳しくテストする。
多種の機能が混在してきたのでライブラリと呼べなくなってきたのでどうにかしたいが、 各ライブラリがかなり複雑にincludeしまくっているのでどうにもしない予定・・・。 よってdkcCommonやdkcCompression、dkcCryptograph,dkcFileSystemといったプロジェクトファイルは削除する予定。

2005/10/08:Free系関数のポインタチェックは

    if(NULL==ptr || NULL==*ptr){return edk_ArgumentException;}
のようにしなくてはならない。

Version 0.199

dkcLZW.c dkcLZSS.c dkcRLE.cの実装を変える。途中で処理を止められるようにインターフェイスの追加。




Version 0.196

dkcAVLTree.c dkcDeque.c dkcTextSave.c を廃止予定 dkcRegex.cは実装できたら有用だと考えたため作る事にした。

Version 0.195

以下同

Version 0.194

以下のものはまだ作りかけ

dkcSerialize.c,dkcSafeFileSystem.c,dkcRegex.c,dkcLua.cは廃止にする予定。 sampleフォルダを削除する予定。

以下のものはまだテストしていない

Version 0.19

Version 0.17

作りかけ系

更新情報

使い方

その他はこのdkc.hを読み込めばVisualC++ならば普通に使えるはず。 もちろん、パスの設定はしっかり各自で行ってください^^;;;

Dev-C++、およびBCCでもコンパイルできるものはコンパイルできるのでご活用ください。

方針

今後の方向性

メモ

経緯

dkutil_c(以下dkc)ライブラリに似たようなのにglibという老舗ライブラリがあるが、 ライセンスがLGPLなので、<s>ダイナミックリンクしか出来ない。</s>スタティックリンクもOKだが、何かとねぇ。 これはちょっと痛いので私の勉強ついでに組んで見たライブラリが これである。結構、機能的には汎用性は高いと思う。

関数の命名規則

関数のWINAPIについて VB等でもdkcをDLL化したものを使えるように dkcライブラリの関数のほぼすべてをWINAPI修飾子を付けています。 偶に忘れていることがあるので教えて頂けると幸いです^^;

その他のマクロ

他力本願

BSD Licenceで

それから、dkutil_cの作者にプログラミングの資料代や生活費を寄付してくれる方、お気持ちで結構ですので、よろしく御願いします。m(_)m

動作確認環境

このライブラリは、今の所、Windows専用です。 LinuxやMacに対応するのは数年先だと思います。(予算の都合上・・・)

ライセンス

dkutil_cはBSD Licenceです。
以下に日本語訳を示します。
<br< dkutil_c Copyright (c) 2003-2005 , d金魚 All rights reserved.
 ・もし下記条件が満たされれば、修正の有無に関わらず、
  ソースまたはバイナリ形式での再配布および使用を許可します。

 ・ソースコードで再配布する場合は、上記の著作権表示、
  これらの条項、下記の免責事項を含めること。

 ・バイナリ形式で再配布する場合は、上記の著作権表示、これらの条項、
  下記の免責事項を、配布物とともに提供される文書および/または他の資料に必ず含めること。

 ・本ソフトウェアは無保証です。自己責任で使用してください。

 ・特別の許可が無くては、このソフトウェアから派生した製品の推奨や宣伝に、
  私の名前やその貢献者の名前を使用してはいけない。
The dkutil_c licence http://opensource.jp/licenses/bsd-license.html http://www.jp.freebsd.org/www.FreeBSD.org/ja/copyright/freebsd-license.html

作者への報告があれば、当然喜びますし、より良いライブラリになるでしょう。
報告がなくても、商用利用してかまいませんし、改変をしてもかまいません。

また、BSD Licenceの元にRFC1321-based (RSA-free) MD5 libraryを使用しています。
よって、このライブラリを使用した際、説明書やテキストファイル等に以下の内容を記載してください。

ここから

dkutil_c Copyright (c) 2003-, by d.Kingyo(d金魚) All rights reserved.

Redistribution and use in source and binary forms,
 with or without modification, are permitted provided that the following
 conditions are met:

・Redistributions of source code must retain the above copyright notice,
 this list of conditions and the following disclaimer.

・Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the 
documentation and/or other materials provided with the distribution.

・Neither the name of the dKingyo Utility Toolkit Project nor the names of
 its contributors may be used to endorse or promote products derived from
 this software without specific prior written permission.

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE COPYRIGHT HOLDERS AND CONTRIBUTORS "AS
 IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED 
TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A 
PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE COPYRIGHT OWNER 
OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL,
 EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, 
PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR 
PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF 
LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING 
NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS 
SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

------------------------------------------------------------------------

RFC1321-based (RSA-free) MD5 library Copyright (C) 1999, 2002 Aladdin Enterprises.  All rights reserved.

  This software is provided 'as-is', without any express or implied
  warranty.  In no event will the authors be held liable for any damages
  arising from the use of this software.

  Permission is granted to anyone to use this software for any purpose,
  including commercial applications, and to alter it and redistribute it
  freely, subject to the following restrictions:

  1. The origin of this software must not be misrepresented; you must not
     claim that you wrote the original software. If you use this software
     in a product, an acknowledgment in the product documentation would be
     appreciated but is not required.
  2. Altered source versions must be plainly marked as such, and must not be
     misrepresented as being the original software.
  3. This notice may not be removed or altered from any source distribution.

  L. Peter Deutsch
  ghost@aladdin.com

------------------------------------------------------------------------

RSA Data Security, Inc. MD5 Message-Digest Algorithm
ここまで。

参考文献

作者に関して

連絡がつかない場合 http://d.hatena.ne.jp/studiokingyo/ または、dKingyo Utility Toolkit とか dkutilとかのキーワードで Googleで検索すると出てきます。 また、あまりメールチェックしないんでその時はスミマセン。


dkutil_cに対してMon Jan 16 00:39:44 2006に生成されました。  doxygen 1.4.4