メインページ | ネームスペース一覧 | クラス階層 | アルファベット順一覧 | 構成 | ファイル一覧 | ネームスペースメンバ | 構成メンバ | ファイルメンバ | 関連ページ

dkutil

1.10

概要

dKingyo Utility Toolkitの核を成すライブラリ。 Win32系の機能のラッパーと汎用コンテナ、アルゴリズムで構成されている。

方針

  1. 文字列処理においてSJIS系の日本語文字にはかなり考慮されている
  2. ポリシークラスにてパズルみたいに機能を組み合わせていく系の機能
  3. 抽象クラスを使った昔風オブジェクト指向の機能
  4. 抽象クラス(virtual の関数とか )の引数の型はPOD ( C言語でも使える型 ) のみ
  5. virtual系メンバ関数の入っている抽象クラスの名前の接頭辞にはIがついている。
  6. virtual系メンバ関数の入っている抽象クラスからの派生クラスの名前の接頭辞にCがついている。
  7. 共通事項メモ

  1. 主に、"interface"がクラス名に入っているクラスはインターフェイスクラスである。

更新履歴

2004/09/08:Version1.10 リリース前 003 dkutil/registration.hpp を追加 test/dkutil/signature/sha256.cpp を追加 crc.cpp を追加 CLzssをCLZSSに名前を変更 諸所の#include " ... "を #include < ... > 形式にした。

TODO:
2004/09/08:Version1.10 リリース前 003 crcのタイプ識別をする。 crc系のテーブル値を最初からテーブルとして用意するかどうか迷っている。 detail::crc16_ccitt_ ... 系の出力バグらしきものを潰す どこかにx86アセのCRC落ちてないかナァ?(他力本願!?)

ライセンス

dkutilはBSD LicenceまたはGNU LESSER GENERAL PUBLIC LICENSE(LGPL)です。 Copyright (c) 2003-, dKingyo ( メールアドレス) All rights reserved.

正式な文章は英語版の方を見てください。あくまで日本語訳は参考程度に^^; -------------------------------------------------------------------- BSDL 日本語訳 http://www.ascii.co.jp/pb/ptex/etc/COPYRIGHT-jis.txt -------------------------------------------------------------------- LGPL 日本語訳 http://www.opensource.jp/lesser/lgpl.ja.html -------------------------------------------------------------------- d金魚の独断的ライセンス解釈(あまり参考にしないでください。) http://studiokingyo.fc2web.com/dxlib/shiryou/LicenceData.html -------------------------------------------------------------------- dkutil Tutorial (dkutilの正式なチュートリアル文章です。 詳しくはこちらに書いています。 http://studiokingyo.fc2web.com/dxlib/tutorial/dkutil_tutorial.html

dkutil 1.10 release 前に対してThu Sep 9 00:00:17 2004に生成されました。 doxygen 1.3.6